W3Naviコード設置

W3Naviのお申し込みを受け付けますと、弊社より「アクセス番号」と「ページ管理用サイトのアカウント」を発行し、 「w3n」フォルダをお渡しいたしまので、以下手順で設定を行って下さい。

▼ ページ番号の登録
ページ管理用サイトにログインし、W3Naviページ番号の登録を行って下さい。

▼ 各ページへW3Navi用コードの追加
1.以下の外部ファイルの呼び出し部を追加して下さい(<head> 〜 </head>内が望ましい)。
 <script type="text/javascript" src="./w3n/w3nclient.js" charset="UTF-8"></script>

2.bodyタグにonLoad 指定がある場合には、changeNavino();を呼び出す設定を追加して下さい。
 <body onLoad="changeNavino(); 〜 ">

3.W3Navi表示部をブラウザで表示されたときに分かりやすい位置以下のコードを追加して下さい。
  ※value="********************************" の部分は、お客様のアクセス番号に置き換えて下さい。
	
 <div id="naviform_wrap">
  <div id="NaviForm">
   <form name="w3navi" action="http://w3navi.com/w3navi.php" method="post">
    <a href="http://www.w3navi.com/">
     <img src="./w3n/w3navi.gif" width="40" height="21" alt="W3Nのホームページへ"></a>
    <input type="text" id="navino" name="navino" style="ime-mode:inactive;width:40px;height:21px"
onFocus="clearNavino();" onBlur="changeNavino();" maxlength="5"> <input type="hidden" id="w3ncode" name="w3ncode" value="********************************"> <input type="hidden" id="pageno" name="pageno" value=""> <input type="hidden" id="thisno" name="thisno" value=""> <input type="hidden" id="nextno" name="nextno" value=""> <input type="image" src="./w3n/w3n_arrow01.gif" width="21" height="21" alt="クリック!" onclick="arrowClick();"> </form> </div> </div>
▼ w3nフォルダの配置
アクセス番号とともにお渡しする「w3n」フォルダをW3Naviを設置する各ページと同じ位置に配置して下さい。

Copyright (c) 2012 Newsbit co.,ltd.All Rights Reserved.